はじめに

キリストの愛の福音を基盤に、明るい希望と喜びを

社会福祉法人 聖ヨゼフ会は、宗教法人 聖ヨゼフ修道会によって1963年12月にキリスト教の人類愛に基づき、障害児(者)の医療・福祉で地域社会に貢献することを目的として設立され「肢体不自由児施設 聖ヨゼフ整肢園」を開設しました。

その後、1967年に重症心身障害児施設「麦の穂学園」、1971年に肢体不自由児通園施設「ひばり学園」、1998年に重症心身障害児(者)通園事業、地域支援活動事業など幅広く障害児(者)の療育施設としての事業を広げ、地域の皆様方の支援とご協力をいただいて貢献してきています。

京都市における唯一の障害児(者)施設として、障害に対する研究と実践に励み、その療育に努力してまいりました。特に、1975年にはドイツよりボイタ医学博士とセラピストを日本に招聘し、ボイタ法による「脳性運動障害に対する早期診断、早期治療」を導入して専門職員(医師・セラピスト)の養成に努力しています。

私たちはこの世に生を受けた一人一人の尊い生命が大切にされ、障害の多様化にかかわらず地域社会の中で豊かに生活ができますよう、地域のニーズに即した療育の場となりますよう努力しています。

基本理念

中庭聖マリア母子像

社会福祉法人「聖ヨゼフ会」の「肢体不自由児・重症心身障害児施設聖ヨゼフ医療福祉センター」は、キリスト教の倫理に基づいて肢体不自由児施設 「聖ヨゼフ整肢園」、重症心身障害児施設「麦の穂学園」、肢体不自由児通園施設「ひばり学園」を運営しています。

  • 私たちは、キリストの教えに従い生命と人権を大切にします。
  • 私たちは、知識と技術の研鑽に努め、障害を持つ人々に最善の支援を行います。

基本方針

  1. 優しい言葉と笑顔の対応で命の希望を与えます。
  2. 障害児者に安全な医療、療育、福祉を提供し、地域に貢献します。
  3. 人材の育成に努力し、安定したサービスの向上に努めます。

聖ヨゼフ医療福祉センター院長ご挨拶

聖ヨゼフ医療福祉センター
院長 太田 茂

平成26年4月1日から前任者の森下晉伍先生の後任として、第五代目の聖ヨゼフ医療福祉センター院長に就任致しました太田 茂と申します。

昨年度までは滋賀医科大学医師臨床教育センター長として研修医教育にあたっておりました。

聖ヨゼフ医療福祉センターは私の母(故太田良子)が以前、内科医として聖ヨゼフ整肢園に勤務していた関係もあり、30数年前には当直医などとして時折、聖ヨゼフに来ておりましたので、懐かしさを感ずる施設です。

社会福祉法人聖ヨゼフ会の運営による聖ヨゼフ医療福祉センターは昨年(平成25年)創立50周年を迎えました。これからの新たなる50年に向けて老朽化した施設の再開発、設備更新などを今後、進めていかなければなりません。社会状況としてはアベノミクスによる円安影響で物価、建築費などは上昇しつつあります。更に消費税の問題も控えておりますので、リノベーションが最も実現性が高いものかもしれません。

入所者の方々の高齢化に伴い糖尿病、高血圧、CKD、骨粗鬆症、脂質代謝異常症など各種の成人病に罹患される入所者の方も増えています。当センターは京都市内唯一の重症心身障害児者の医療福祉施設として、各種障害児者の方々への情報の統合コーディネーション機能を持つ医療福祉コングロマリット・センターとして患者さん、入所者さん、通園通所の利用者の皆さんに温かさを感じて頂ける医療福祉施設を目指して職員一同力を合わせて前進して行かなければならないと考えております。皆様には、今後とも御協力の程、宜しくお願い申し上げます。

 

沿革

1963年 4月 宗教法人聖ヨゼフ修道会(本部アメリカ合衆国カンサス州ウイチタ市)がキリストの教えに基づいた医療・福祉で地域に貢献することを目的に土地、資金を提供し「聖ヨゼフ整肢園」建設する。
  12月 社会福祉法人「カトリック京都司教区カリタス会」により、京都市にはじめての肢体不自由児施設「聖ヨゼフ整肢園」開設。定数30床。診療科目:整形外科・麻酔科の病院・児童福祉施設として開設認可。
1964年 7月 定数50床。
1965年 7月 病棟増築。 定数111床。
  11月 皇太子殿下、同妃殿下 御来園。
1967年 8月 重症心身障害児施設「京都市麦の穂学園」(定数50床)を京都市より受託(公立民営)医療施設定数 161床。
1969年 1月 女子職員寮「マリア寮」竣工。
1971年 7月 肢体不自由児通園施設「ひばり学園」(定数50名)を京都市より受託(公立民営)。肢体不自由児施設「聖ヨゼフ整肢園」通園部とする。
1975年 1月 総合訓練棟、病棟増築。
  9月 西ドイツよりボイタ医学博士、及びセラピスト招聘。ボイタ法による「脳性運動障害に対する早期治療」の日本における第1回講習会開催。
1979年 3月 京都市肢体不自由児通園施設「ひばり学園」増築(訓練室拡張)定数80名。
  4月 社会福祉法人「聖ヨゼフ会」を設立、認可をうける。社会福祉法人「カトリック京都司教区カリタス会」より委譲。診療科「整形外科、小児科(神経)、麻酔科」に変更。病床定数150床に縮小(肢体不自由児100床、重症心身障害児50床)。
1983年 3月 増改築工事施工(母子病棟新設、診療所設備、給食その他サービス部門)。
1987年 4月 障害児(者)緊急一時保護事業を京都市より受託。
1995年 4月 肢体不自由児施設「聖ヨゼフ整肢園」入所定数60床に縮小(20床削減し20床を重症心身障害児施設に転用)、重症心身障害児施設「麦の穂学園」を70床に増床。病床数130床。
1998年 5月 重症心身障害児(者)通園事業(B型)名称「くぬぎ」(定数5名)受託。
  10月 訓練棟増改築。総合リハビリテーション施設基準取得。
    病棟改装工事。4病棟から3病棟に変更。
1999年 7月 給食業務外部委託開始。
  10月 「京都市いきいき地域療育等支援事業」受託。
2000年 4月 病棟その他改装工事施工。(肢体不自由児施設聖ヨゼフ整肢園定数40床に縮小、20床を重症心身障害児施設麦の穂学園に転用、重症心身障害児施設麦の穂学園病床数90床。
  9月 焼却設備撤去及び営繕室の整備工事施工。
2001年 4月 皇太子殿下御来園。
重症心身障害児(者)通園事業「くぬぎ」A型に変更。(事業所改装工事施工)
  7月 重症心身障害児施設「麦の穂学園A病棟」改装工事施工。及び外壁塗装工事施行。
2002年 2月 言語聴覚訓練室整備工事施工。
  9月 外部門扉4ケ所取替え工事及び中庭改修、外来駐車場整備工事施工。
自家発電設備設置工事施行。
2003年 5月 ホームページ作成。
  9月 1号棟屋上防水工事施行。
  12月 肢体不自由児施設「聖ヨゼフ整肢園」40周年記念。
2004年 3月 入所学童教育施設 学校法人「聖マリア学園 聖マリア養護学校」京都市障害児教育改革に伴い閉校。
  4月 旧「聖マリア養護学校」校舎建物を社会福祉法人購入。
「京都市立北総合養護学校紅梅分教室」開設。入所学童教育は旧「聖マリア養護学校」校舎建物を利用。
  5月 玄関駐車場改修工事。
  12月 給食外部委託業者変更。
2005年 10月 肢体不自由児施設「聖ヨゼフ整肢園」病床数35床(5床削減)
重症心障害児施設「麦の穂学園」90床。全体病床数125床。
一般病棟(2病棟)、療養病棟(麦の穂1病棟44床)に変更。
2006年 3月 京都市より受託していた重症心身障害児施設「京都市麦の穂学園」、肢体不自由児通園施設「京都市ひばり学園」は指定管理者制度により当法人に払下。設置者社会福祉法人「聖ヨゼフ会」となる。
  10月 自立支援法による契約制度開始。
2007年 3月 6号棟(ひばり学園)エレベーター設置工事施行。
    株式会社オリックス社会福祉事業から「ハイエース1台」寄付。
  4月 空調設備取替1期工事(1・4号棟)工事施行。
  5月 重症心身障害児(者)通園事業B型「かえで」受託し開始。
  10月 空調設備取替2期工事(2・3・5号棟)工事施行。
2008年 1月 「肢体不自由児・重症心身障害児施設 聖ヨゼフ医療福祉センター」に名称変更。
  4月 空調設備取替3期工事(5号棟)工事施行。
2012年 4月 制度改正により
医療型障害児入所施設「聖ヨゼフ整肢園」
医療型障害児入所施設・療養介護事業所「麦の穂学園」
医療型児童発達支援事業「ひばり学園」
生活介護事業所「櫟(くぬぎ)」
2013年 4月 福祉型児童発達支援センター「ひばり学園」
2014年 2月 創立50周年式典開催
2014年 3月 特定相談支援事業「楓(かえで)」
2015年 9月 ボランティア会創立50周年
2015年 9月 病院正面玄関駐車場改修工事
2015年 10月 ヨゼフ病棟病室一部改修工事